2021/08/28(土)FreeBSD13 からのソースコードによるOS更新は、gitup が最も手軽

2021/08/28 5:00 サーバ運営・管理
先日、FreeBSD のソースコード管理が subversion から git に変更になった旨を『厄介だ』と紹介したのですが・・・
その厄介さを払拭するメンテナンスツールが既に用意されていたのでした。

この手の情報が数えるほどしかなく、日本語による情報を当方が見つけたのはここだけです → KNCN weblog /usr/src を gitup で取得する
#見落としの可能性もあるのでご容赦を・・

これは、OSの標準コマンドではないので、出来る限り最新のports から、
# cd /usr/ports/net/gitup
# make install
# make clean
# rehash
とかやって、インストールします。インストール後、 /usr/local/etc/gitup.conf を以下のように適宜編集します:
(一部抜粋)
# $FreeBSD$
#
# Default configuration options for gitup.conf.
{
        "defaults" : {
                "host"           : "git.freebsd.org",
                "port"           : 443,
#               "proxy_host"     : "",
#               "proxy_port"     : 0,
#               "proxy_username" : "",
#               "proxy_password" : "",
#               "source_address" : "",
                "low_memory"     : false,
                "display_depth"  : 0,
                "verbosity"      : 1,
                "work_directory" : "/var/db/gitup",
        },

        "ports" : {
                "repository_path"  : "/ports.git",
                "branch"           : "main",
                "target_directory" : "/usr/ports",
                "ignores"          : [
                        "distfiles",
                        "packages",
                ],
        },

        "release" : {
                "repository_path"  : "/src.git",
                "branch"           : "releng/13.0",
                "target_directory" : "/usr/src",
                "ignores"          : [
                        "sys/amd64/conf",
                        "sys/arm64/conf",
                        "sys/i386/conf",
                        "sys/pc98/conf",
                        "sys/powerpc/conf",
                        "sys/riscv/conf",
                        "sys/sparc64/conf",
                ]
        },

        "stable" : {
                "repository_path"  : "/src.git",
                "branch"           : "stable/13",
                "target_directory" : "/usr/src",
                "ignores"          : [
                        "sys/amd64/conf",
                        "sys/arm64/conf",
                        "sys/i386/conf",
                        "sys/pc98/conf",
                        "sys/powerpc/conf",
                        "sys/riscv/conf",
                        "sys/sparc64/conf",
                ]
        },
見ての通り、JSON 形式な設定ファイル。
初めてだと JSON 形式に面食らうんですが、割と直感的に変更できます。
gitup.conf を編集後、
# gitup release
とやれば、今まで同様の /usr/src 配下へのソースコード取得、
今後は、ports ツリーもgit 管理になるらしいので、そうなった際は、
# gitup ports
で、従来のように /usr/ports 配下への取得が出来るようです。
ただ、ports ツリーの取得は、前処理・後処理があるので、portsnap のほうが使い勝手は良いです。
〔参考〕portsnap が更新しない場合の対処法

尚、新規取得時も更新時も同じコマンドラインで出来ます。

2021/08/21(土)OpenLDAP 2.5系の導入はまだ駄目っぽい・・・

2021/08/21 2:46 サーバ運営・管理
10年以上の永らくの期間、OpenLDAP は 2.4 の時代でしたが、今年(2021)年の4月末に OpenLDAP 2.5 系がリリースされています。
2.5.4 からリリースされ、現在の最新バージョンは 2.5.7 です。
FreeBSD もサポートプラットフォームになっています。
最近は開発コアメンバーがどうもアンチBSDっぽいんですが、元々はBSD系で開発が進められていた記憶があります。

当方で 2.5 系にすべく、アップデートを試みたですが、結局『まだ使い物にならない』が結論です。
データを登録しても、
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 fd=13 ACCEPT from IP=[::1]:37442 (IP=[::]:389)
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=0 BIND dn="cn=admin,dc=isp" method=128
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=0 BIND dn="cn=admin,dc=isp" mech=SIMPLE bind_ssf=0 ssf=0
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: mdb_opinfo_get: err Bad file descriptor(9)
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=0 RESULT tag=97 err=0 qtime=0.000012 etime=0.000111 text=
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=1 SRCH base="dc=isp" scope=2 deref=0 filter="(objectClass=*)"
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: mdb_opinfo_get: err Bad file descriptor(9)
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=1 SEARCH RESULT tag=101 err=80 qtime=0.000006 etime=0.000046 nentries=0 text=internal error
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 op=2 UNBIND
Aug 20 04:30:34 www0 slapd[21837]: conn=1005 fd=13 closed
のように、mdb_opinfo_get: err Bad file descriptor(9) という内部処理エラーが発生し、情報が取得できません。
OpenLDAP のエラーも 80(Internal Error) が返り、どうにも出来ません。
何故か、付属のテストプログラムは普通に機能するみたいなんですけどね。。。

少しデバッグをしてみましたが、どうも結果を出力する際に、何故か Read 処理をしようとしているようで、これが「Bad file descriptor」の原因を作っているみたいです。根深そうなので、バグ潰しに時間を割けない当方は、当面は、従来通り OpenLDAP 2.4系を使い続けることにしています。

その他にも、テストプログラムに不具合があります。うち2つは、BSD系 sed と、GNU 系 sed の仕様が異なるからのような感が。。。

先ず、構築の際の configure オプションは、
./configure --enable-crypt=yes --enable-rlookups --enable-ldap=yes --enable-mdb=yes --enable-perl=yes --with-fetch --with-tls --enable-overlays=yes --without-cyrus-sasl --disable-dynlist --with-pic
これで、幾つかの Warning が出るが、コンパイルは正常終了します。但し、FreeBSD の BSD系Make コマンドだと、
Entering subdirectory liblber
make[2]: "/usr/local/src/openldap-2.5.7/libraries/liblber/Makefile" line 302: Need an operator
make[2]: "/usr/local/src/openldap-2.5.7/libraries/liblber/Makefile" line 304: Need an operator
make[2]: Fatal errors encountered -- cannot continue
make[2]: stopped in /usr/local/src/openldap-2.5.7/libraries/liblber
*** Error code 1
のようなエラーとなってしまうため、代わりに gmake (GNU系make) を使用します。

OpenLDAP 2.4系のように、コンパイルに先立ち、FreeBSD 10系以降で生じる configure の問題(FreeBSD 1.x系と誤認する問題)回避のためのスクリプト修正は不要です。
gmake depend
gmake
のあと、
gmake test
で、テストするのですが、 test022-ppolicy・test079-proxy-timeout・test082-remoteauth は、FreeBSD ではそのままでは動作しません。
<<<<< Starting test022-ppolicy for mdb...
running defines.sh
Starting slapd on TCP/IP port 9011...
Using ldapsearch to check that slapd is running...
Testing redundant ppolicy instance...
Using ldapadd to populate the database...
Testing account lockout...
sed: 1: "s/.*seconds_before_unlo ...": RE error: trailing backslash (\)
Waiting seconds for lockout to reset...
usage: sleep seconds
ldapsearch failed (49)!
<<<<< test022-ppolicy failed for mdb after 8 seconds
(exit 49)
gmake[2]: *** [Makefile:301: mdb-yes] エラー 49
gmake[2]: ディレクトリ '/usr/local/src/openldap-2.5.7/tests' から出ます
gmake[1]: *** [Makefile:287: test] エラー 2
gmake[1]: ディレクトリ '/usr/local/src/openldap-2.5.7/tests' から出ます
gmake: *** [Makefile:299: test] エラー 2
これは、tests/scripts/test022-ppolicy を以下のように修正します:
106    DELAY=`$LDAPSEARCH -D "$MANAGERDN" -H $URI1 -w $PASSWD \
107  -     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*seconds_before_unlock=\(\d*\)/\1/p'`
107  +     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*seconds_before_unlock=\([0-9]*\)/\1/p'`


122    DELAY=`$LDAPSEARCH -D "$MANAGERDN" -H $URI1 -w $PASSWD \
123  -     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\(\d*\)/\1/p'`
123  +     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\([0-9]*\)/\1/p'`


492    DELAY=`$LDAPSEARCH -D "$MANAGERDN" -H $URI1 -w $PASSWD \
493  -     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\(\d*\)/\1/p'`
493  +     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\([0-9]*\)/\1/p'`


737    DELAY=`$LDAPSEARCH -D "$MANAGERDN" -H $URI1 -w $PASSWD \
738  -     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\(\d*\)/\1/p'`
738  +     -b "$USER" -E accountUsability 1.1 | sed -n -e 's/.*expire=\([0-9]*\)/\1/p'`
<<<<< Starting test082-remoteauth for mdb...
running defines.sh
Running slapadd to build slapd database... DB tweaks...
Starting slapd on TCP/IP port 9011 for configuration...
Loading test remoteauth configuration...
Preparing second server on ldap://localhost:9012/ and ldaps://127.0.0.1:9013/... loading data... tweaking DB contents... starting up...
Waiting 7 seconds for slapd to start...
Saving generated config before server restart...
Checking bind handling... 1 2 3 ok
Stopping slapd on TCP/IP port 9011...
Starting slapd on TCP/IP port 9011...
Saving generated config after server restart...
Checking bind handling... 1 2 3 ok
Stopping slapd on TCP/IP port 9011...
Testing slapd.conf support...
sed: 1: "s,database\s*monitor, ...": RE error: trailing backslash (\)
Starting slapd on TCP/IP port 9011...
Saving generated config from a slapd.conf sourced server...
ldapsearch failed (32)!
<<<<< test082-remoteauth failed for mdb after 13 seconds
(exit 32)
gmake[2]: *** [Makefile:301: mdb-yes] エラー 32
gmake[2]: ディレクトリ '/usr/local/src/openldap-2.5.7/tests' から出ます
gmake[1]: *** [Makefile:287: test] エラー 2
gmake[1]: ディレクトリ '/usr/local/src/openldap-2.5.7/tests' から出ます
gmake: *** [Makefile:299: test] エラー 2
tests/scripts/test082-remoteauth を以下のように修正します:
312    echo "Testing slapd.conf support..."
313 -  sed -e "s,database\\s*monitor,\\
313 +  sed -e "s,database[ \f\n\r\t]*monitor,\\
あと、test079-proxy-timeout も何か変なのですが、下記の修正でテストは成功します。
tests/scripts/test079-proxy-timeout を以下のように修正します:
119   RC=$?
120 - if test $RC != 0 ; then
120 + if test $RC = 0 ; then
121           echo "ldapsearch failed for base: dc=idle-timeout,$BASEDN ($RC)!"
test079-proxy-timeoutの修正は、ちょっと自信がありません・・・

英語でのコミュニケーションが出来ない故、誰か代わりに報告してくれないか、と他力本願モードです。。 orz